気の向くままに...♪*゚

子育て奮闘中のおちびママと息子くんの毎日 。

2歳の息子と粘土遊び。粘土遊びから得られる効果とは?


覚えていますか?
小さい頃、一度は遊んだであろう粘土!

私が小さい頃は、粘土と言えば、グレー!と、いうイメージが強いのですが、今の粘土って、赤青黄白など色々なバリエーションがあるんですね Σ(゚ω゚ノ)ノ

↓こちらの商品は、ダイソーで全て揃えました!

お安く買えて、有難い限りです \ ♪♪ /

何気なく遊んでいた粘土ですが、粘土遊びから得られる効果があると知り、それをまとめてみました!

粘土遊びのねらいとは?いつから遊べる?

粘土遊びって、何のためにするの?と、いう疑問から調べてみたところ、3つの効果が得られるそうです!

①創造力がUpする

頭の中で何を作ろうと考え、自分で作ろうと思ったものを形に変化させていく。これを繰り返すことで、創造力を育てることが出来ます。

実際に、粘土遊びをさせてみると、最初は簡単なものしか作れない子も、徐々に形が出来上がってきて、作品が作れるようになるみたいです!

私の息子は、私が粘土で動物を作って見せてあげても、まだ何かを作るという発想がないようで、作品が仕上がるまでには、まだまだ時間が掛かりそうです Σ(゚ω゚ノ)ノ

どちらかと言えば、粘土に棒を刺したり、長細くした粘土を短く切って遊ぶ方が楽しいようです ᐠ( ᐛ )ᐟᐠ( ᐖ )ᐟ

②手や指先の使い方を練習になる

粘土で何かを作ろうと思うと、手を使いますよね?こねたり、ちぎったり、細かい部分の形を整えたり!このようにして、手の使い方を学ぶことが出来ます✧‧˚

③集中力がUpする

自分で考えたものを最後まで完成させることで集中力を育むことが出来るます。

私の息子は、思い通りにいかず、怒り出すこともあります。でも、粘土遊びを続けることによって、良い影響があるなら、続けてみようと思います( 。・ω・。)ノ

年齢別 粘土遊びへの関わり方は?

1~2歳

まずは、粘土をちぎったり、こねたり、転がしたり、自由に遊ぶことから始めてみましょう!そういう行動によって、粘土の形が変化して、粘土への興味が高まっていきます。

2〜3歳

積極的に言葉を掛けながら、色や形の名前を覚える環境を作ってあげましょう!

例)
・お花は何色で作るの?
・こっちの方が大きいね!
・転がすと長くなったね!
などです。

4〜6歳

子どもの創造力に任せて作らせてみましょう!それが難しいようでしたら、テーマを投げかけて、それに対して好きなものを作ってもらいましょう。立体的に作ることことで創造力が身につきます。作品が完成したら、それを使って、ごっこ遊びもしてみましょう!

粘土遊びでの注意点

小さい子どもに粘土遊びをさせる時は、口に入れてしまう可能性もあるので、注意して下さい。現在は、小麦粘土のように安全性が高いもので粘土もあるので、そちらを使って遊ぶのも良いかもしれません。

まとめ

今は、色々な種類の粘土があるので、その子にあった粘土を選んであげてください。100均にも、品揃えが沢山あるので、まずはお試しで買ってみるのも良いかもしれませんね?