気の向くままに...♪*゚

子育て奮闘中のおちびママと息子くんの毎日 。

オムツを捨てる時のBOS防臭袋を知っていますか?おむつ専用のゴミ箱を買わなくても大丈夫でした◎



初めての妊娠・出産の時、何が必要なのかなぁと、調べると思います。その時にオムツを捨てる専用のゴミ箱があると便利と、書いている場合もあります。あれば便利だろうけど、本当に必要なのかな?と、迷っている方は是非この記事を読んでください。

ちなみに私も、オムツ専用のゴミ箱が便利そうで購入しようと思っていました。

私が購入しようと考えていたゴミ箱は、オムツを入れるだけで、自動で袋がねじれた状態になり、密閉されるので、臭いをシャットダウンできる商品で、かなり魅力的に感じました。

ただ、そういうゴミ箱って、コストが結構掛かるんですよね。本体を買っただけでは使えなくて、専用カートリッジを別に買わないと使えない、あとはオムツを卒業したあとは、使い道がない。以上の理由で、購入することを諦めました。

しかし、使用済みのオムツは毎日何個も捨てないといけない。使用済みのオムツで部屋が臭くなるのは嫌!と、思っている時に見付けた商品が、こちらです。

BOSの防臭袋です。本当に臭わないか、最初は半信半疑でした。しかし、使用済みオムツを袋の中に入れると、本当に臭い漏れしなかったんです!正直驚きました。

BOS 防臭袋とは?

高機能な袋を製造しているメーカーさんが、うんちの臭いを防ぐことを目標に開発した商品です。医療向けとして、開発されたので、人が最も敏感に感じる臭いを防いでくれます。

オムツの入った袋をそのまま放置して、そのあと鼻を近づけても、ほとんど臭いを感じない、驚異的な防臭力を持った素材で作られています。。

実際に実験した効果がこちらです。

見てもらったら分かるように、不快な臭いが検出されないのは、優れた商品の証だと思います。

BOSの防臭性能は大変優れていますが、完全に防ぐものではありません。バケツなどに密閉すると、わずかに漏れる臭いがバケツ内に溜まり、臭いを感じることがあります。

と、公式サイトに注意書きがされていたので、バケツに捨てる方は、注意してくださいね!

ちなみに私も使用済みオムツを入れて、臭いを嗅ぎましたが、本当に臭わなかったです!

BOS 防臭袋のサイズ展開は?

SS~ロングサイズまで、4つのサイズがあります。

私は以前、コスパを考えて、オムツを2つ入れることが出来るようにMサイズを注文していました。しかし、結び目を解くのが面倒くさくなって、サイズ変更。

現在は、SSサイズを使用しています。
公式サイトには、SSサイズが入るオムツの目安として、新生児のオムツと、書いています。しかし、私の息子が使っているパンパースのビックサイズでも、余裕で入りました。

オムツを袋に入れる時の入れやすさや、結びやすさを重視するなら、Sサイズの方が安心かもしれません。

BOSの防臭袋は、袋のカラー選べます!

たくさんのカラーが準備されているので、好きなカラーを選べて、使用できるのは嬉しいですよね\ ♪♪ /
ちなみに先程、載せたオムツ入りの袋は、ミントグリーンです。

BOSの防臭袋は、生ゴミ,犬用もあります!

最後に

部屋にオムツ専用のゴミ箱を置くことで、場所を取られるのが嫌な方やコストを重視したい方には、BOSの防臭袋をオススメしたいです。私は、子どもが産まれた当初から、現在まで使い続けていますが、不便さを感じたことはありません。

また、お出掛けの時にも必要な分だけ、袋を持っていくことが出来るので、臭いを気にせず、捨てることができます。

普通のビニール袋と比較すると、割高ですが、臭いのことを考えると使って欲しいです。もし、購入を考えている方がいれば、枚数の少ない商品もあるので、そちらをお試しで使用するのも、ありだと思います。