気の向くままに...♪*゚

子育て奮闘中のおちびママと息子くんの毎日 。

言葉が遅く心配していましたが、考え方を変えることで気持ちがラクになりました!



初めてで、分からないことだらけの子育てだと、首が座るのは?歩き出すのは?話すのは?など、調べる機会が多いと思います。

調べるとだいたいの目安は、分かるので、現在の成長と照らし合わせて、順調に成長している!とか、遅れ気味?と、判断すると思います。

私の息子の場合、動作的なもの(首座りや歩き始め)は、目安通りに発達していたのですが、言葉だけはなかなか出てきませんでした。

心配で1歳半健診の時に言葉の相談

1歳半健診の時、喃語は話すことができるのですが、意味のある言葉をなかなか話さないことが心配だったので、保健師さんに相談をしました。

その時に言われたのが・・・
☑︎言葉が出ないからと言って、個人差があるため、︎一概に発達が遅れているとは言えない
☑︎今後、言えている言葉の数が減るようなことがあれば、注意
☑︎2歳を過ぎた頃から、急にたくさん話し出す子もいる
☑︎こちらが話すことを理解して、行動ができているのであれば、様子を見てても良いのではないか

これといった解決策ではありませんでしたが、とりあえず言葉への理解力はあったので、2歳まで様子を見ることにしました。

同じ月齢の子と比較してしまう

2歳までは様子をみてみよう!と思っていても、支援センターや公園に遊びに行くと、同じ月齢の子と関わる機会が多くなるので、そこのお友達を見て、あの子はあんなに話せてるんだ、と比較してしまう日々が続きました。

そして、そんなことが続いてしまうと、ネガティブ思考に陥ってしまい、子どもとの関わり方が下手だから、言葉数が増えないのかも・・・と、自分を責めるような考え方をするようになりました。

育児が楽しくなる方法!

言葉がなかなか出ないのは、私の関わり方が下手だからかも・・・と凹む毎日だと、楽しいはずの子育てを楽しめなくなりますよね。

正直、くよくよ1人で考えていたって、状況は何も変わりません。だったら、考え方を変えて育児を楽しもう!と、思いました。

それは、子育てを楽しめるように、子どもの出来ない部分に目を向けるのではなく、新しく出来るようになった部分に目を向けてあげること。

例えば、ジャンプができるようになった,スプーンを使ってご飯を食べれた,音楽に合わせて踊るようになった,何でも良いんです◎

この初めて出来るようになった瞬間は、その瞬間しか、見ることが出来ません。だからこそ、その瞬間を大切にしてあげるようにしました。

あと言葉の方は、生活している中で話したくなったら話すだろう、と思うようにしました。私の息子を見てて思うのですが、結局は本人がやりたいと思った時じゃないと何もやってくれない気がするんです。

例えば、スプーンを使うこと。どれだけ教えても手掴みで食べていたのに、急にスイッチが入って、スプーンを使って食べれるようになったからです。

今は、言葉がなくても母親である私が理解して欲求を満たしてあげれています。でも、いずれ言葉は、自分の意思を伝えるのに必要なものだと分かる時が来るはずなんです。その時がくれば、欲求を満たすために話してくれるはず!と、私は考えることにしました。

最後に

できないことに目を向けて過ごすより、できることに目を向けて過ごす方が何倍も楽しいですよね!

今の小さい時期は、あっという間に終わってしまうので、とても貴重な時間です。何年か後には、こんな時期があったなぁと懐かしくなると思います。その時に少しでも多くのことを思い出せるような育児が出来ればなぁと、思います。